適正なお金をかけてペットを弔いたい「ペット葬儀」

ペット葬儀の相場はサイズで大きく異なる事実

ペット葬儀の料金の秘密~犬の大きさによる差~

「ペット葬儀の相場はわかったけど、金額に差があるのはなぜだろう?」と疑問に思った方も多いのでは?こちらでは更に詳しく火葬料金について見ていきます。

ペット葬儀の料金設定

電卓

ペット葬儀の料金設定は、ペットの大きさ・体重によって大きく変わります。ハムスターや小鳥などのごく小さいサイズなら火葬の時間や手間があまりかかりませんが、大型犬などの大きいサイズだと経費も多くかかってくるためです。そのため、ペット葬儀では火葬の種類が一緒の場合「体重別」で料金設定されているのが一般的です。その他にも、体長やペットの種類によって料金が上下することもあります。

犬の種類ごとの葬儀費用

小型犬
体重1kg~5kgの小型犬(チワワ、パグ、ミニチュアダックスフントなど)の場合、葬儀費用は1万5千円~2万5千円が相場です。因みに猫やフェレット、モルモットやウサギなどもこのランクに入ることが多いでしょう。
中型犬
体重5kg~20kgの中型犬(柴犬やビーグル、シェットランドシープドッグなど)の場合、葬儀費用は2万円~4万円が相場です。中型と言ってもかなり体重に開きがあるので、このなかで更に料金設定が細分化されていることもあります。
大型犬
体重20kg~40kgの大型犬(ゴールデンレトリーバー、ダルメシアン、セントバーナードなど)の場合、葬儀費用は3万円~6万円が相場です。体重40kg以上のもっと大きな犬の場合は料金が更に上乗せされることもあります。気になる方は、ペット葬儀社に確認してみましょう。

同じ犬でも料金が異なる理由

同じ「犬」なのに体重で料金が変わることを不思議に思う方もいるでしょう。しかし体重が重い=体が大きいと、それだけ火葬に燃料も時間も必要になります。そして火葬に時間がかかると火葬炉の中が高温になるため、冷めるまで他のペットを火葬することができません。つまり火葬炉の占有時間が長くなります。また大きなペットは骨壺も大きくなりますし、数人がかりで運ぶため人件費も多く必要になります。こういった背景から、体重が重くなるほど料金が高くなっていくのです。

TOPボタン