適正なお金をかけてペットを弔いたい「ペット葬儀」

ペット葬儀後のことを考えてメモリアルグッズを準備しよう

メモリアルグッズはペットの生きた証~丁寧に取り扱う~

メモリアルグッズは、ペットが最後にくれた贈り物です。種類や扱い方など、メモリアルグッズについての詳細をまとめました。

メモリアルグッズを購入するメリット

「思い出があればグッズは特に必要ない」と考える方もいるかもしれません。しかし人間の記憶というものは実は非常に曖昧なものです。しっかり覚えているつもりのことでもペット葬儀が終わって時間が経つと、忘れたり自分の中で気持ちが変わったりしてしまいます。ですが、メモリアルグッズは記憶を正しく保持することができます。そのため、身近に置いておくことで大切なペットの思い出が風化せず、いつまでも鮮明に思いだすことができるはずです。

メモリアルグッズの種類

位牌や写真立てなどのメモリアルグッズはありますか?
仏壇や祭壇周りを飾るグッズはたくさんあります。ペットの位牌の場合、写真を使ったりプリザーブドフラワーをあしらったりした、見た目も楽しめる明るい雰囲気のものが多いでしょう。料金としては1万円~2万円のものが多いようです。また遺影としても使える写真立て(フォトフレーム)も同様に、ガラス製だったり飾り枠がついていたりとオシャレなデザインになっています。こちらの料金は3千円~5千円が多いようです。
火葬後の遺骨を分骨したいのですが、専用のメモリアルグッズはありますか?
パウダー状にした遺骨の一部を納めておける、カプセルタイプのネックレスやペンダント、キーホルダーなどがあります。近年では一見そうとはわからないデザイン性の高いアイテムも多く、人目を気にせず気軽に身に付けることができるでしょう。料金としては素材やデザインによって差がありますが、3千円~1万円前後のことが多いようです。

メモリアルグッズの保管方法

遺骨の一部をペンダントなどにすることに抵抗がある方もいるかもしれません。しかし宗教の観点からも分骨することに特に問題はなく、飼い主の心が落ち着くように供養するのが一番だとされています。メモリアルグッズはペットの分身ですから、大切に身に付けてください。とは言え、その先のことも考えなくてはなりません。次第に心が落ち着き、一周忌などの節目に他の骨と一緒に納骨したり、散骨したりする方もいます。生涯身に付けておきたいという方は、いずれは自分がこの世から旅立った時にグッズをどうするのかあらかじめ決めておくと良いでしょう。

TOPボタン