適正なお金をかけてペットを弔いたい「ペット葬儀」

ペット葬儀の相場を知ればサービスを上手に選べます

お金をかけてペットを弔う~ペット葬儀の相場~

近年ではペットが亡くなった時、人間同様の葬儀を行なうことが当たり前になってきました。そこで葬儀では、どれくらいの費用を考えておけば良いのか、ペット葬儀の相場について知っておきましょう。

ペット葬儀業者が選ばれる理由

お墓

亡くなったペットを火葬するには、「自治体に依頼する」「ペット葬儀社に依頼する」という2つの方法があります。自治体の場合、費用は地区によって差がありますが大抵は1万円以下。ペット葬儀社に依頼する半額以下で済みます。しかし自治体は葬儀のプロではありません。各自治体によって火葬の方法やペットの扱いは全く異なります。場合によってはペットを「可燃ごみ」として扱い、他のごみと一緒に焼却処分してしまうこともあります。やはりペットを家族の一員と思っている飼い主にとって、それは耐え難いことでしょう。そのため多くの飼い主が、多少お金がかかってもペット葬儀社による葬儀を選択しているのです。

ペット葬儀にかかるお金の疑問


ペット葬儀の料金相場について教えて下さい。
ペット葬儀の料金はペットの大きさや業者のサービスによって異なりますが、1万円~6万円程度が相場でしょう。ペット葬儀の場合、メインは葬儀ではなく火葬です。そのため火葬設備費や灯油代、人件費が内訳の多くを占めます。一体ずつ個別に火葬するか、他のペットと一緒に火葬するか、また立ち合いやお骨上げはあるのかないのかによっても料金が変わってきます。
火葬以外にかかる費用があれば教えて下さい。
火葬(葬儀)以外にかかる費用としては、火葬後に遺骨を納骨するためのお墓代が挙げられます。納骨・埋葬には様々な種類があり、それぞれ大きく費用が異なります。たとえばペット霊園などに専用のお墓を建てるなら相場として数十万円かかります。また埋葬せず納骨堂に保管するなら年間数万円かかってしまいます。そのため、自宅にペット用仏壇を設置して遺骨を安置したり、庭にお墓を自分で作ったりするローコストな方法をとる方もいます。

メモリアルグッズで思い出を残す~役割と購入方法~

メモリアルグッズとは、亡くなったペットの遺骨・遺毛や写真で作った様々なグッズのことです。近年はペット葬儀に際し、メモリアルグッズを作る方が増えているようです。

メモリアルグッズの役割

思い出を残す
メモリアルグッズを作ることで、ペットの思い出を形として残しておくことができます。写真を使ったインテリアや遺毛を使ったアクセサリーを残しておくことで、生きていた頃の思い出をより鮮明に思いだすことができるでしょう。ですので、ペットのことを忘れることなくいつまでも想ってあげることができます。ペットにとっても毎日思い出してもらうことが供養となるはずです。
ペットロス防止
ペットを失ったショックでペットロスに陥る方も少なくありません。メモリアルグッズを身に付けたり眺めたりすることで、まるでいつも側にペットがいてくれるような気持ちになるでしょう。そうなることで、気持ちが落ち着き、心が安らいでペットロスの防止になるはずです。「なぜ死んでしまったの」ではなく「楽しい時間をありがとう」と、心から思えるでしょう。

ペット葬儀業者で購入

多くのペット葬儀社は専門店と提携し、遺骨ネックレスなどのメモリアルグッズの販売サービスを行なっています。火葬中の待ち時間などにカタログから選ぶこともできますし、しばらく自宅供養してから利用することもできます。もちろん生前からカタログを取り寄せることもできるので相談してみましょう。

TOPボタン